パンとワインと……

私は、germer をオープンさせるまでに、
パティシエ、ブーランジェ、料理人と、
さまざまな立場から食と接してきました。
パティシエでは、華やかさと繊細さのハーモニー。
ブーランジェでは、日々の生活に欠かすことのできない ほっとする味。
料理人としては、素材・食材を通しての季節感を育みました。
それらが、いまここで一斉に芽吹きます。

一切れのパンとチーズに一杯のワイン。
温かい季節のスープとパン。
クロワッサンとカフェオレ。
時には祝事での華やかなデザート。
いろいろなシチュエーション、シーンでご利用ください。

germerとは、フランス語で「芽吹く」という意味。
ここ京都・銀閣寺から、昔ながらの会話が弾む食卓のぬくもりが
芽生えていくことを願って。

オーナー岡本幸一

 
 

京都市左京区浄土寺西田町3